記事の詳細

従来の歯科治療では耐久性などの問題から金属を使った歯科治療が一般的でした。しかし近年では技術の進歩などにより、金属を一切使わない治療も実現しています。
金属を使う治療は保健治療に組み込まれていることが多いので、比較的安価に、そして耐久性の高い治療が受けられます。ただし審美的な問題や金属アレルギーなどの人体への影響が懸念されていました。

金属を使わない治療では、金属の代わりに歯科用のプラスチックやセラミックなどを用いて治療が行われます。
こうした治療では金属アレルギーの心配もありませんし、本物の歯に近い見た目で審美的にも自然です。ただしデメリットとしては、金属よりも脆い素材のため破損のリスクがあること、さらに基本的に自由診療になってしまうため治療費用が高額になってしまうというものが挙げられます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る