記事の詳細

歯が痛いけど、どの歯が痛むのか自分でも分からないという場合には、どう解決すれば良いのでしょうか?

痛む歯が分からない人は、歯の痛みを感じる三叉神経が関係していますが、上下の痛みや奥歯の痛み、隣同士の歯の場合は区別が難しくなったり、脳が正確に分かりにくいと言われているため、どの歯が痛むか分からないケースは多いのです。

歯科医師も歯を見ただけでは判断が難しいため、必要に応じて口腔のレントゲン写真やCTを撮影してもらい、適切に処置してもらいましょう。

歯の痛みは放置していても自然に治る可能性は低いですし、歯の痛みの原因を特定するためには自己判断は困難ですから、早めに歯科医院を受診して治療してもらう事が大切ですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る