記事の詳細

一生自分の歯で楽しく食事を続けていくためには、「予防歯科」が欠かせません。
予防歯科では普段の歯磨きでは除去しにくい史跡やステインなどを取り除いてくれるなどのクリーニングから、歯を強くするためのフッ素の塗布、歯磨き指導などを行ってもらえます。
歯医者=虫歯になったら行くところという意識がまだ強く残っているかもしれませんが、この予防歯科ではまさに歯の不調を「予防」するために通うことになります。
3ヶ月に1度の頻度で受診して歯の状態を診てもらうことが推奨されているので、少しでも多く自分の歯を残したい人は予防歯科の受診も始めてみましょう。

ただし予防歯科は自費治療となるため、治療費の全額を負担しなければなりません。経済的に難しいという理由で予防歯科に興味があっても受診してこなかったという人も多いと思います。
しかし2020年4月の診療報酬改定により、これまで保険適用外だった予防歯科にも保険が適用されるようになりました。
以前よりもより身近に予防歯科を受けられるようになりましたので、気になった方はかかりつけの歯科医院をチェックしてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る