記事の詳細

インプラントを受けるときは、歯科医師の腕の良さも勿論大切ですが、その歯科医院の設備の内容にも目を向けてみましょう。
良い設備があればあるほど安心してインプラント治療を受けられます。事前に気になっている歯科医院のホームページを確認してみたり、医師に直接どのような設備が整っているのかを聞いてみてもいいでしょう。

あると良い設備は、歯科用CT、サージカルガイド、生体モニターとなります。
歯科CTでは、顎の骨の厚さや血管・神経の位置関係を事前に知ることが出来ます。3Dで様々な角度から内部を見ることが出来ますので、事前にどこにメスを入れるか、どう手術を進めていくか、精度の高い治療を行うのに欠かせません。

さらにサージカルガイドでは、歯科用CTで行った手術のシミュレーションをそのまま治療に反映させることができます。患者の口にサージカルガイドを装着し、反映させたガイドに従うことで、シミュレーション時と誤差のない手術が行えます。

また生体モニターでは、手術中の患者さんの全身状態を把握することができます。特にインプラント治療では不安・恐怖を和らげるために静脈内鎮静法と呼ばれる麻酔を行うことがあります。
患者さんの中には麻酔によるアレルギーを起こしてしまったり、血圧・心拍数に大きな変化が現れることがあるので、それを把握し、万が一の時のためにすぐ措置が取れるように生体モニターがあると安心です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る