記事の詳細

口臭トラブルの原因は様々ですが、殆どの場合はお口のケア不足と言われています。
歯肉や舌にバクテリアが増加することで口臭の原因になるという考えです。口腔ケアが出来ていないのはもちろん、脱水症状やドライマウスの症状がある時にバクテリアが増加していまいます。
また食べ物や睡眠不足、ストレスなどもバクテリアが増加する要因の一つと考えられているようです。

口臭を対策するためには、まず舌をブラッシングし、デンタルフロスなどを用いて口腔内を清潔にするようにしてください。
清潔にした後は普段のブラッシング習慣にマウスウォッシュを取り入れるのもいいでしょう。

基本的には口腔内を清潔にすることで口臭の改善が見込めますが、慢性的に口臭が続いている場合は別の疾患に患っている可能性があります。
歯科医師や医師に相談することも考えなければなりません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る