記事の詳細

皆様は虫歯になったら歯科医院で治療をすると思います。
虫歯の治療をしないと体全体に虫歯菌が渡ってしまい、別の病気を引き起こす原因になりますし、そもそも痛みがひどくなって我慢できなくなってしまいます。

虫歯の治療方法は多くありますが、どの治療でも必ず虫歯は治ります。
ただ、その後また虫歯になった歯は治療した歯であることが70%〜80%もあることをご存知でしたでしょうか。
この虫歯の再発のことを「二次カリエス」と呼びます。

二次カリエスが起こる原因として、治療に用いた銀歯などの被せものや詰め物の隙間に虫歯菌が侵入してしまっていることが第一に挙げられます。
他にもプラスチック素材や銀歯などの劣化、治療精度の悪さ、詰め物と歯にできる隙間が原因と考えられます。

二次カリエスを防ぐためには、毎日のセルフケアや定期検診のプロケアが必要です。
また少しでもリスクを防ぐために被せものをセラミックに変えるというのも一つの方法ですが、自費診療になるため金銭的負担が少し大きくなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る