記事の詳細

虫歯の原因をハッキリとさせておく事で、虫歯の予防にも繋がります。
「ちゃんと歯を磨いているはずなのに、よく虫歯になる」なんて方は、是非虫歯の原因から知って、それぞれに不足している対処を試してみてください。

口の中には多くの細菌がいるのは多くの方がご存知だと思いますが、虫歯の原因になる細菌「ミュータンス菌」もその中にいます。
このミュータンス菌は、甘いお菓子などを食べた時に発生した糖を吸収していき、その後、歯の表面にネバネバした成分を発生させます。
一般的にプラーク、歯垢と呼ばれているのが、このネバネバした成分の正体で、ミュータンス菌はこの成分に住み込んで増殖していくのです。

こうして増えていったミュータンス菌が、糖を吸収していき、今度は酸性である乳酸を発生させてしまいます。
歯のエナメル質は酸性によって溶けてしまいます。
通常ならば、唾液によって溶けたエナメル質も回復するのですが、溶けたまま長時間経ってしまうと、プラークや歯垢が固まってしまい、それが歯石となり、虫歯に進行していってしまうのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る