記事の詳細

あまりにも虫歯が進行していた時に、歯の神経を抜くと言われた経験は多くの方があると思いますが、何故虫歯が進行している時に限り、歯の神経が抜かれるのでしょうか。

歯は表面のエナメル質、その次に象牙質、そして一番中には神経と血管が通っています。
虫歯は必ず表面から進行していき、そのまま治療をせずに放っておくと神経まで達してしまいます。
神経にまで達してしまった酷い虫歯は強い痛みを伴うようになってしまうため、まず神経をとる所から治療が行なわれます。

神経を抜いた後、根の中を洗浄し隙間を埋める為に薬を詰めていき、失った歯を補う為に被せものをする必要が出てきます。
しかし神経を抜いた歯の中はほぼ空洞になってしまっているので、歯の中に土台を入れなければなりません。
それらはいくつか選択肢が用意されているので、希望があれば医師に伝えましょう。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る