記事の詳細

フッ素は自然歯を強くする効果があり、特に虫歯予防に高い効果があるというイメージが強いと思います。
ただし、インプラントに対しては、フッ素がインプラントを腐食させてしまうのではないかという可能性が問題視されています。

インプラントが腐食してしまうと細かいすき間や穴が出来てしまい、そこから細菌感染を引き起こしてしまうリスクがあるのです。
これはインプラントに限った話ではなく、インプラントに一般的に使用されているチタンが影響するという話なので、チタン製の歯科素材を使用している場合は注意した方が良いでしょう。

私たちが使用する歯磨き粉にもフッ素が配合されている可能性があります。
ただ、市販されている歯磨き粉に含まれているフッ素は結果的にかなり薄まるため、インプラントを腐食させてしまうリスクはかなり低いとされており、このリスクよりも残っている歯を守るメリットの方が大きいと言われています。
一方で歯科医院で使用されるフッ素は高濃度なので、インプラントの場合は控えるべきと考えられます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る