記事の詳細

歯間ブラシは歯間の汚れを落とすのに最適なブラシですが、サイズ選びを間違えてしまったり使い方を間違えてしまうと歯茎を傷付けてしまう原因にもなるので注意しましょう。

歯間ブラシにはSS〜Lまでのサイズが用意されています。自分に合ったサイズの歯間ブラシは、軽い力で歯間に入るものとなります。
自分に合うサイズが見つかるまでは、本数の少ないいくつかのサイズを購入して実際に試してみるのがいいでしょう。

歯間ブラシを使う時は、歯肉に沿うようにゆっくりと挿入してください。挿入できたら奥と手前の汚れを搔き出すように動かしていきます。
これらを角度を変えながら行なっていきましょう。

歯間ブラシには、ブラシ部分が金属ワイヤーのものとゴムになっているものがあります。
まだ慣れていないうちや金属ワイヤーに抵抗がある場合は、ゴムタイプの物がオススメです。
金属ワイヤーのものはワイヤーが飛び出てしまっていたりしたら、怪我の原因にもなるので使用しないようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る