記事の詳細

インプラント治療はまだまだ新しい治療法ですので、明確な寿命というのはまだはっきりとは分かっていません。
しかし、インプラントを埋入後、きちんと定期健診やクリーニングを行なった患者さんのインプラント10年生存率は9割を超えています。
インプラント治療を行なった殆どの方が10年以上インプラントを使い続けているということですね!

中には20年以上同じインプラントを使い続けている人もいますし、メンテナンスなどをサボってしまった方の中には1年ちょっとしか持たなかったという報告もあります。
つまりインプラントの寿命は、インプラント埋入後の治療や適切なメンテナンス、患者自体の意識によって寿命が大きく変わることになります。

このようにまだ明確に「◯年が寿命」という指針ははっきりしていませんが、インプラントが動くようでしたら骨との結合が無くなってきた証拠なので、その場合は撤去して新しいインプラントを埋入する必要が出てきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る