記事の詳細

通常の入れ歯は、外部からの力を粘膜のみで支えなければならなかった為、人によっては痛みでご飯でさえ噛むのが苦痛という方もいらっしゃいました。
今回ご紹介するインプラントを使った入れ歯「インプラントオーバーデンチャー」は、歯やインプラントで外部からの力を支えるため、粘膜のみで支えていた通常の入れ歯よりも支持性が向上し、しっかり噛めるようになれるのが大きなメリットです。

オーバーデンチャーになったからといって入れ歯自体の構造は大きく変わらないシンプルなものですから、入れ歯の修理やメンテナンスなども今までと変わらずに行なえます。
今まで普通の入れ歯を使っていたという方も移行しやすいという点は見逃せませんね。
もちろん普通の入れ歯と同じく取り外しが出来るので、現存している歯のメンテナンスもしっかり行なえます。

一方でデメリットとなりうる点をいくつか挙げると、やはり入れ歯であることの違和感が拭えない点でしょう。
また、支える力が大きくなることで噛む力も大きくなってしまいますから、そのままだと入れ歯の故障も増えてしまいます。
入れ歯の補強をして強度を図らなければならないので、注意が必要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る