記事の詳細

多くの方は”キシリトールは歯に良い”という漠然としたイメージがあると思いますが、実際にキシリトールが歯にどんな影響を与えているのかを知っている方は少ないと思います。
今回はキシリトールは本当に歯にいいのか、どういう影響を与えているのかに付いてまとめました!

結果から申しますと、キシリトールが歯に良い影響を与えるのは本当です。
キシリトールは糖アルコールの一種で、虫歯の原因菌であるミュータンス菌に取り入れても酸を発生させない、つまり酸がミネラルを溶かして穴をあける(虫歯の状態)ことがありません。

ミュータンス菌は甘味を摂取して酸を吐き出し、歯に穴をあけて虫歯にします。
キシリトールも甘味料なので一度はミュータンス菌に摂取されますが、ミュータンス菌はキシリトールを上手く取り込めないため、摂取したキシリトールを排出してしまいます。この摂取と排出を何度も繰り返すことで、ミュータンス菌は疲労し、消滅するのです。

キシリトール配合の歯科専売ガム(キシリトール100%のガム)を毎日4、5粒程度、1ヶ月〜3ヶ月ほど摂取するようにすればかなり効果絶大で、非常に虫歯になりにくい状態にすることが可能です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る