記事の詳細

インプラントを長持ちさせる為には日頃のお手入れ、そして定期的な歯科医院でのメンテナンスが非常に重要です。
これらを怠ると本来何十年も使えるインプラントが、僅か数年で使えなくなってしまうこともありますし、インプラント周囲炎などの疾患を起こしてしまうこともあります。

自宅でのケアは歯科衛生士や医師にブラシの選び方、磨き方をしっかり聞いておき、毎日のブラッシングを欠かせずに行なうことが大切です。
歯ブラシは縦に短く持ち、毛先を歯と歯の間にしっかりと入れたら、小刻みに一本ずつ磨いていきましょう。
また、ブラッシングの後に歯間ブラシやタフトブラシを使うのもかなり有効です。

そして、3〜4ヶ月に1度は歯科衛生士によるクリーニングを受けることが重要になります。
どれだけ頑張ってホームケアをしていても、自分で落とせる汚れには限界があります。
「自分でちゃんとしてるから大丈夫」ではなく、必ず定期的に専門的なクリーニングを受けてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る