記事の詳細

歯周病は一度なってしまうと、適切な治療を行なっていたとしても完治させることが非常に難しい疾患です。
治療は歯科医院で行なうものもありますが、毎日の歯磨きも大切な治療として考えられています。
歯周病になってしまったら今までの歯磨きを大きく見直し、歯周病の治療になる歯磨きをしていくようにしましょう。

まず大切なのは歯ブラシ選びです。毛先が硬い歯ブラシだと歯茎を傷付けてしまう可能性があるので、毛先が柔らかい歯ブラシを選んでください。
歯周ポケットも優しく磨けるような、柔らかくて細い毛先がベストでしょう。

歯ブラシを当てるときは歯と歯茎の境目に沿うように当てて小刻みに動かします。
ブラシを大きく動かすのではなく、一本一本を丁寧に磨いていくようにしてください。また、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の隙間や奥歯などを磨くのも有効です。
さらにどんなに丁寧に磨いていても、自分で100%磨くことは出来ませんから、定期的に歯医者へ行き磨いてもらうようにしましょう。

どうしても歯磨きを長くするのが苦痛だと思う方は、「ながら磨き」がおすすめです。
テレビを見ながら、携帯を見ながら、本を読みながら・・・というように何かしながら磨いてみましょう。
他にもお風呂に入りながら磨くのもおすすめです。湯船に浸かると体が温まることで歯茎が少し緩むことから歯垢が落としやすくなる為です。
さらに体が温まると唾液の分泌も高まり、殺菌消毒作用によって様々な口内疾患を防ぐ事ができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る