記事の詳細

年を取っても健康的な歯で楽しく過ごしたいと考えているなら、予防メンテナンスの習慣を実践することが大切ですから、予防メンテナンスの知識についてご紹介いたします。

いつも歯ブラシで歯のクリーニングを行っているという人と、クリニックで定期的にクリーニングを受けているという人では、年代ごとの歯の本数に違いがあり、定期的な歯のクリーニングを受けている人は、高齢になっても歯がしっかりと残っているのです。

先進国の中でも日本は定期的な歯のメンテナンスを受けている人が少ないため、他の国と比べて残存歯数が圧倒的に少ないのです。

予防メンテナンスとは、バイオフィルムの感染予防を行って歯の健康を維持することが目的ですが、歯の定期検診は歯の疾患の早期発見・治療が目的という違いがありますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る