記事の詳細

冷たいものや熱いものが歯にしみる知覚過敏は、虫歯や歯周病と同じぐらいメジャーな症状になりつつあります。
しかし、軽症のうちならば自分で出来る改善方法がありますので、今回はそれをご紹介致します。

まずは歯磨きの仕方です。歯磨きをする時には力を入れずに優しくブラッシングするように磨きます。
知覚過敏の人の多くが普段の歯磨きで力を入れすぎてしまっていることで、歯や歯茎を傷付けてしまっていることが多いのです。
そして歯磨き粉は知覚過敏用のものを、さらにフッ素ジェルを用意しておくと良いでしょう。

次に、カルシウムやリン酸などの歯の成分には欠かせないミネラルが豊富に含まれている唾液を多く分泌する為のマッサージを行ないます。

ここまでしてみて改善がみられないようでしたら、専門家に相談するようにしてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る