記事の詳細

歯ぎしりや噛み合わせ、虫歯や入れ歯など歯の悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、歯は腰にも強く関係していることを知っていますか?

噛み合わせが悪かったり、噛みグセや食いしばりがあることで、顎の状態が変わってしまい首の骨に影響を及ぼし、そして腰の骨にまで影響して腰に負担がかかり腰痛を引き起こしたり、姿勢が悪くなることも考えられますよ。

さらには顔や顎のバランスが崩れてしまうので、歯を食いしばることにより、顎が出るような猫背になり、それにより骨盤にも影響が出てしまうのです。

年を取っても綺麗な姿勢や歯を保ち、健康的に過ごしたいと考えているなら、日々の歯のケアを念入りに行い歯だけでなく腰痛の予防もしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る