記事の詳細

歯周病を予防するためには、日頃からの歯磨きが大切ですが、間違った磨き方では逆効果なので、予防にオススメの「つまようじ法」についてご紹介いたします。

つまようじ法では、特別な歯ブラシを使用し、歯と歯の間に残っている歯垢を、歯ブラシを押し込んで取り除くので、歯垢を押し出しつつ歯茎をマッサージできるのです。

この特別な歯ブラシは、V字型に植毛されていて、一般的な物よりも毛束が広くて、毛足は長く作られているのです。

歯ブラシの毛先を斜めにして、歯と歯の境目に当てて、毛先を押し込むように滑らせて動かしましょう。

毛先を反対側へと出すようなイメージで、1箇所の歯で10回ほど動かしたり、裏側からも忘れずに磨くようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る