記事の詳細

神経を抜いた歯は弱ってしまうので、歯科医院も出来るだけ抜かない治療を行ないますが、歯の状態によっては神経を抜かなければならなくなってしまいます。
では、一体どういった状態になったら神経を抜かなければならないのでしょうか。

まず、エナメル質に出来た虫歯は象牙質を通り、どんどん神経に近づいていき、虫歯がちょっと神経に触れた辺りで大体痛みが発生します。
そこから更に虫歯が進行して神経に達してしまうと、神経も虫歯菌に侵されてしまって神経が死んでしまうのです。
神経が死んでしまうまで虫歯が進行してしまうと殆ど痛みも感じないので、そのまま放置してしまう方も多いのですが、ここから更に進行してしまうことになります。

神経が死んでしまうと、その神経の中で細菌が増え続けてしまい、それでも放置していると歯の根の先端に膿みの膿みの袋がどんどん出来てきてしまいます。
そうすると歯の根まで治療をしなければならなくなり、非常に難しい治療内容になりますし、神経も抜かなければならないのです。

そうならない為には、定期的な検診を受けてもらうことが最も理想ですが、最低でも歯に痛みを感じた段階で歯科医に診てもらうことが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る