記事の詳細

歯のインプラント治療とは、何らかの理由で無くなってしまった歯の代わりの歯を作る治療です。

歯の無くなった部分、歯の根っ子が無くなってしまった部分でも顎の骨があります。
その顎の骨の部分に円筒形のネジのようなものを埋め込んで、そのネジのような歯のインプラントが骨と密着するまで1ヶ月程度待ちます。
その骨とくっついたインプラントの上に歯を作っていく治療がインプラント治療となるのです。

歯が無くなってしまった状態を放置しておくと、その左右の歯が段々と移動してきてしまったり、上の歯が下がってきてしまったりしてしまいます。
すると歯並びが悪くなるだけでなく、噛み合わせまで悪くなってしまうので、様々な不都合が生じてしまうのです。
歯が無くなってしまったら別に一本ぐらいと考えず、歯科医に相談して適切な治療を受けましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る