記事の詳細

前歯のインプラント手術をする際の失敗しないための治療方法について解説されてます。
 
インプラントの場合には、骨からぬけてしまったり歯周病のようになってしまうということとは違って前歯の場合は審美に大きく関わってくるため、インプラントを埋め込む場所や深さをしっかりと考慮して設計をしなければいけません。
 
例として唇の近くの骨にインプラントを埋め込んでしまいますと非常に出来栄えが悪くなってしまいます。また、歯ぐきがさがって歯が長くみえてしまいます。
場所が両隣に隣接してしまいますとやはりカタチはおかしくなってしまいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る