記事の詳細

虫歯が神経にまで到達してしまうと歯の神経を抜かなくてはならなくなってしまいますが、この時に行なわれる大切な治療が歯の根である根管の治療です。
この根管治療がちゃんと行なわれているかでその歯の寿命にまで関わってきます。

根管治療はまず、根の中に唾液や歯垢が入り込まないように注意しながら歯の神経を抜きます。
根管は歯によって、そして人によってもその数が違う為、しっかり神経を取り除いたら残さず消毒をする必要があるのです。
また、根管は複雑な形をしていることから、そのままだと薬が十分に行き届かない可能性がありますから、残さず浸透させるために根の形を整える必要も出てきます。

つまり根管治療とは、神経が無くなった再感染しやすい歯を薬でしっかりと保護してあげるという治療になり、ちゃんと治療されていないと再治療が難しいため、丁寧に時間をかけて行なう必要がある治療と言えるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る