記事の詳細

ブリッジとインプラント治療のどちらを受けようかお悩みの方は多くいらっしゃるようです。
この双方は「無くなった歯の代わり」という役割は同じものの、実際に使ってみるとそれぞれ大きな違いがありますので、歯科医師と良く相談してから決めるようにしましょう。

例えばブリッジは抜けた歯の両側の歯を少し削って土台にすることで、架け橋を架けるように器具を取り付ける医療法です。
固定してしまうので見た目、舌触りも自然歯とほぼ代わらないのが特徴ですが、2本の歯で3本分の歯の負担・衝撃を支えなければならない為、土台にした歯が欠けてしまったり、ひびが入ってしまったりしてしまうこともあります。

特に土台となる歯の神経を抜いてしまっている場合には弱ってしまっているため、余計その負担・衝撃に耐えることが困難です。
その様な場合にはインプラントを選択することが推奨されています。

インプラントなら費用や治療期間がかかってしまいますが、抜歯部分に顎の骨と結合した歯が取り付けられるので、他の歯に負担がかかることもありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る