記事の詳細

歯と歯茎の状態を見ると、ある程度の歯の健康診断を行なうことが出来ます。

健康な歯=真っ白な歯というイメージをお持ちの方が多いのですが、むしろ本当に健康な歯に多いのが自然に黄色味がでている白で、歯茎が白っぽいかピンク色であれば健康だとされています。

逆に歯の全体が黄色すぎていたり、歯茎が全体的に赤いのであれば、歯の健康状態に異常が発生している可能性があります。
もちろんこれだけでは正確な健康状態を知ることは出来ないので、歯や歯茎を見て少しでも異常を感じたら、すぐに歯科医に診てもらうのが本当に健康な歯を維持させる秘訣と言えるでしょう。

特に歯茎が腫れて弾力がある状態なら、歯周病一歩手前の歯肉炎や歯周病になってしまっている可能性があるので、すぐに医師に診てもらってください。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る