記事の詳細

歯の着色はタバコのヤニや、毎日の食事によって発生します。
着色汚れが発生しやすい食べ物というのも存在していますので、せっかくホワイトニングをしたのにまた着色汚れが出てきてしまったということのないようにしたいものです。

着色汚れが起きやすい食べ物を簡単に挙げると、代表はカレーやチョコレート、コーヒー、ワインとなります。
基本的に色が濃いものに関しては、歯に色が残ってしまいやすいと考えましょう。
しかし歯を綺麗に保ちたいからと言って、これらのものを全く食べない・飲まないという訳にもいきませんから、食べる時にはちょっとした工夫をしてみてください。

おすすめなのが水をちょくちょく飲みながら食事をするという方法で、水によって口内が洗浄されますので、着色汚れが残ってしまう心配は軽減されます。
コーヒーやワインなどの飲み物の場合は、飲み終わった後に水で口をすすぐというような工夫をしてみてください。

中には簡単なホワイトニング効果のある歯磨き粉もありますが、あれらは研磨剤によって歯を削り白さをキープするというものが多いため、あまりおすすめできません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る