記事の詳細

インプラントは半永久的に使うことの出来る治療法として知られていますが、それも適正なケアをしっかりした上での話です。
ケアを怠ってしまった場合、数年で駄目になってしまい、インプラント自体を抜かなければならなくなってしまったり、周辺の歯の健康状態も悪くなってしまうことがあります。

インプラントを長持ちさせるためには、まず残っている歯を減らさない為の口腔ケアを行ないましょう。
他の歯が虫歯や歯周病になってしまうとインプラントにその分の負担がかかってしまい、結果的にインプラントの寿命を縮めてしまうことになります。
しかししっかりとセルフケアを行なっていても、やはり日常の口腔ケアだけでは全ての歯垢を取り除くことはできませんので、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを行なうことも非常に大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る