記事の詳細

歯周病は年齢関係なく発生する病気ですので、日頃からしっかりと歯茎の様子を確認しておく様にするのが非常に大切です。
例えば若年層なのに歯茎が下がってきているような症状が見られる場合には、歯周病の可能性もあるので歯科医院で診てもらう様にしてください。

歯周病の心配がなければもちろんそれでいいのですが、歯茎は下がったままですから「改善したい」と思う方もいらっしゃるでしょう。
歯茎の下がりを改善するには歯磨きの時に優しくブラッシングをしたり、タンパク質やビタミン、ミネラルの豊富な食事を摂ることで中から歯茎を強くするのも大切です。
また歯茎を柔らかい歯ブラシを使ってマッサージしてあげるのも効果が期待出来ますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る