記事の詳細

一見健康そうに見える歯も顕微鏡で拡大してみてみると、虫歯がある事が分かります。
黒い線状のものが歯にある場合、それは放っておいていい場合の虫歯の可能性もありますし、実は中でかなり進行してしまっている大きな虫歯の可能性もあります。

いずれの場合でももちろん歯科医に見てもらうのが一番ですが、大きい虫歯の場合は少し歯を削ってからではないと分からない場合も多いです。
少し削っただけで虫歯全てを削れればいいですが、やはり小さく削るほど虫歯を見逃してしまうリスクが大きいため、顕微鏡によって虫歯の取り残しがないように治療されます。

もちろん早期発見できれば出来るほど歯を多く残す事が出来ますから、定期的なメンテナンスや少しでも気になる事があったらすぐに医師に診せてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る