記事の詳細

最近では虫歯治療に歯科を訪れるだけでも歯のレントゲンを取ることは珍しくなく、以前よりも歯のレントゲンは身近なものになってきました。
この歯のレントゲンは口の中の情報が沢山詰まっているものですので、少しでも見方が分かっていると面白く見る事が出来ますよ。

虫歯で来院したのなら虫歯の状態はもちろんですが、歯の回りの骨の状態や詰め物の状態、歯根の状態、更には歯石の付着状況等も知る事が出来ます。
多くの歯医者では、撮ったレントゲンを使いながらどのような治療をしていくのかを説明してくれますので、その時に分からない事があればどんどん色んな事を聞いてみるのがオススメです。

レントゲンと聞くと気になるのは被ばく量ですが、レントゲンの種類によって微妙な差がありますが、年間私たちが自然から浴びている量と比べてみても100分の1程度となっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る