記事の詳細

今回は役割的に良く似ている、ブリッジとインプラントの比較についてまとめてみました。

例えば前歯を一本だけインプラントかブリッジにする場合を想定してみると、インプラントは人工歯根をその場に埋め込み、被せ物を被せて完了します。
一方ブリッジの場合は、ブリッジを固定する為に、健康な両サイドの歯を削って被せ物を被せます。
見た目はどちらも大差ないように見えますが、ブリッジの方は歯肉が退縮してしまい、台として削った両サイドの歯も虫歯になりやすくなってしまいます。

もちろんインプラントも定期的なメンテナンスをしなければ、ブリッジの様な虫歯や歯周病のリスクも出てきてしまいます。
耐久性で言うと、ブリッジは作り替える必要が出てくる場合が多いですが、インプラントはメンテナンスさえしっかりしていれば半永久的にお使い頂けます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る