記事の詳細

今回は歯周病になる原因についてまとめてみました。

プラークに虫歯菌がつくと虫歯になりますが、歯周病の場合は少し話が違います。
歯周病を引き起こす歯周病菌は歯周病の原因となる毒素を出していますが、歯の表面など、歯茎から離れた場所に発生している場合は唾液によって毒も流れていきほぼ無害です。
しかし歯と歯茎の間にこの歯周病菌が発生してしまうと、その毒が歯茎の歯肉に入っていってしまい炎症を起こしてしまいます。
歯茎が炎症を起こすと、それを避けようと中の骨がどんどん溶けていってしまい、膿んでしまった状態が歯周病と呼ばれているのです。

改善する為には根本である、歯と歯茎についてしまった菌を取り除く必要があります。
歯周病菌は薬剤などで取り除く事ができませんので、最も大切なのが歯磨きで取り除いていく必要が出てきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る